ニキビ肌対策

ニキビ肌にも効果のあるメディプラスゲル

オールインワンコスメでニキビに効果を発揮する成分が配合されているものは、そう多くはありません。

メディプラスゲルの配合成分の1つにグリチルリチン酸ジカリウムがあります。
甘草由来の抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」は、ニキビ予防効果があると厚生労働省が認めている薬用成分です。

そのため、メディプラスゲルは、ニキビで炎症を起こした肌をケアすることが可能となっています。

メディプラスゲルは、敏感肌の方が安心して使えるようにつくられているコスメですので、
その点でも、ニキビの肌ケアに適していると言えるでしょう。
ニキビ肌であっても、刺激を感じることなく使うことができます。

メディプラスゲルは、アトピーに悩まれていた恒吉社長が「自分と同じ悩みを持つ人が安心して使えるもの」ということで開発されたオールインワンゲルです。
肌トラブルの方でも安心して使うことができるように成分配合されています。

メディプラスゲルの成分

メディプラスゲルのこだわり成分

化粧品には成分が表示されていますが、それでみると
水が一番多く配合されているのがわかると思います。

メディプラスゲルは、水にこだわって、逆浸透水と温泉水を配合する水として選んでいます。
メディプラスが配合している温泉水には温泉沈殿抽出されたエキスが配合されています。
美肌の湯と言われる温泉水。肌に潤いを与え保護してくれます。
逆浸透水とは、不純物を完全に取り除いて作られた水です。

メディプラスには、62種類もの美容成分が配合されています。
保湿成分セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった美肌に効果が高い美容成分です。
純度の高いコラーゲン、水の包帯バリアの働きをするセラミド、保水機能の高いヒアルロン酸が
美肌をつくるのに大きな役割を果してくれます。

敏感肌も元は乾燥肌に起因しています。
肌の潤いを保つことは敏感肌改善のためにも大変大切な要素であるのです。
だからこそ、保湿効果の高いメディプラスゲルは、敏感肌の方に効果があると言えるのだと思います。

メディプラスゲルの使用方法

メディプラスゲルの使用方法

メディプラスゲルが信頼性を得ている理由の1つが、
全国の美容クリニックで採用されており、テレビ局のメイクルームなどでも使われている点にあります。

皮膚科のドクターも確証済みであるオールインワンゲルであるので、
信頼性をもって、多くの人に愛用されています。

メディプラスゲルの美容配合成分は、62種類に及び、
中でも、保湿やアンチエイジングに効果の高いヒアルロン酸やセラミドなどが配合されています。

推奨されている使用量は、朝2プッシュ、夜3プッシュで、少し多く感じる方もおられるようですが、
肌になじみやすく、ハンドプレスをすることでより浸透を促進することができます。

メディプラスゲルは、余分なものを入れないというポリシーの元、
乳化剤も配合されていません。

そのため、ゲル特性のもろもろがでることもあるようですが、
メディプラスゲル使用直後にベースをするなどの使用方法が回避することができます。

また、スペシャルケアとしては、メディプラスゲルをたっぷり塗ったあとで、
水を含ませたフェイスシートを顔に乗せて、パックすることもできます。
15分程度そのままでおくと、肌にハリとつやが出て、よりメディプラスゲルの効果を実感することができるでしょう。

容器がボトルタイプになっており、清潔で使いやすいと評判です。
ポンプ式の容器に入っていることで、空気に触れることが少なく、
そのことで酸化しにくいという利点があります。

メディプラスゲル開発のきっかけ

メディプラスゲル開発のきっかけ

メディプラスオーダーズの代表を務めておられ、メディプラスゲルを開発されたのが恒吉さんです。
現在の写真は大変お美しいのですが、元々は敏感肌に悩んでおられたそうです。
美容皮膚科で肌のカウンセラーとして勤務されていた恒吉さんですが、
自分に敏感肌に合うコスメを見つけることができず、
それがメディプラスゲル開発のきっかけになったそうです。

敏感肌でも安心して使うことができ、保湿力も高く、効果のある美容成分を配合、そして継続して使えるよう価格を抑えて、ということで、
相当なご苦労があったようです。

しかし、研究を重ねられて、現在の乾燥肌・敏感肌対策のセラミド配合オールインワンゲルとして人気のメディプラスゲルができたと聞きます。メディプラスゲルは、現在でもより良い製品を目指して、リニューアルがされています。
女性が社会で活躍する現在、ストレスからの敏感肌にも対応するよう、またより使いやすく効果を高める製品を目指して、
研究・開発が進められています。